GoogleMapsAPIの使い方

GoogleMapsAPIは簡単にwebに地図を表示させられますが、ホームページを作ったことが無い方には難しいことが多いようです。GoogleMapsAPIを手軽に利用するならまずは地図を表示させてみるのが一番です。GoogleMapsAPIでは地図を緯度経度で示します。これに縮尺を合わせることで希望通りの地図が表示されます。

地図の表示はJavascriptで行われることもありますが、多くはHTML文で行われます。表示したい地図をGoogleMapsで探したら、メニューから地図を共有または埋め込むを選択します。すると、地図へのリンクが作成されます。このリンクは地図をそのまま表示するためのものですから、ホームページやブログで埋め込みたい場合は、メニューから埋め込むを選択します。

地図のサイズや縮尺を変更すればiframeと呼ばれるタグがどんどん変化していきます。表示内容が決まったらiframeをコピーして表示したいwebやブログに貼り付けます。多くのwebサイトではそのまま貼り付ければ表示されるのでとても便利です。iframeには緯度経度、縮尺などが設定されています。

慣れてくればこのiframeを直接編集して利用するケースも多くなりますが、最初はGoogleMapを見ながら作業すればよいです。地図の埋め込みは無制限に利用できますので商用問わず、どのようなwebサイトでも地図を表示できて便利です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です