GoogleMapsAPIの便利な使い方

GoogleMapsAPIは個人での利用は主に地図の埋め込みです。GoogleMapsで好きな場所で地図の埋め込み用のiframeタグを取得できますから、ブログでもウェブサイトでも自由に使えます。また、APIによる利用ではないのでGoogleMapsの利用アカウントも取得しなくてもよいです。ただし、GoogleMapsAPIは地図の表示だけではなく、さまざまな便利機能が満載です。

GoogleMapsAPIの便利な使い方の一つは、地図の表示する際に住所から表示させることができるジオコーディング機能です。日本ならどこでも住所を使うだけで地図が表示できます。住所から地図を見出すことをジオコーディングといい、GoogleMapsAPIの場合はアカウントを作ることで無償で利用出来るAPI回数がもらえます。無償で使える回数はクレジットカードに登録によっても違いますが、多い場合で2万5千回にも及びます。

個人で利用するサービス等の場合は無償版で十分ともいえますし、スマホ向けはさらに別なSDKが用意され回数も別に設定されています。ジオコーディング機能はこのGoogleMapsAPIに用意され、Javascriptなどを利用して情報を得ることができます。ジオコーディング以外にも地図上の距離を測ったりするAPIも用意されており、地図をフルに利用する手段が満載です。また、地図に独自のマーカーを表示させるなど表現力も向上しています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です