消泡剤を使う時はこれだけは注意しよう

製品の表面の話を消すためのツールの1つとして、消泡剤と呼ばれるものがあります。この消泡剤は、実は様々な種類があり日本にあるだけでも10種類ぐらいは存在するでしょう。なぜそれほどの消泡剤が存在するかと言えば、何に使うかによってずいぶんと変わってくるからです。大きく分けると、食べ物に使う場合もあれば、それ以外のものに使う場合もあります。

それ以外のものとは、例えば建築関係のものです。外壁塗装をするときの塗料などがこれに該当するでしょう。それ以外でも、様々な用途があるためその用途に応じて使い分けなければいけません。消泡剤に関しては、一般的に食品に関するものはアルコールを使う傾向があります。

アルコールを使うことにより、泡が消えますが欠点は貯蔵条件に制約があることです。例えば冷凍する場合には消泡剤はあまり役に立たないと言われています。またこんな環境においても自分の力を発揮することはありません。逆に長所があるとすれば、簡単に泡を抜くことができることです。

アルコールの場合、耐水性への影響が少ないため、比較的商品になじみやすいと言えるでしょう。ただこれを使うタイミングを間違えると、十分な結果を出すことができないかもしれません。また適量を利用するならば良いですが、必要以上に量が少ない場合や逆に多すぎる場合は表面がきれいにならない可能性もあります。それらを考慮しながら、より結果の出やすい使い方を学んでおくことが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です