豆腐に使われている消泡剤は無害なのか

豆腐は、あの滑らかな食感にも魅力のある食品です。生産過程では大豆やにがりの他に加えられる事の多い成分があり、それが消泡剤です。どのようなものかと言うと、文字の表す通り発生した泡を消すためのものであり、これがなければ豆腐のあの食感はなかなか出せるものではありません。様々な種類に分けられている消泡剤ですが、大別するとシリコーン系と有機系のふたつになり、豆腐の生産過程で使用されるのはシリコーン系のものになります。

その理由は、シリコーン系であれば豆腐が完成した後にその成分が残らず、人体への悪影響がほとんど無いからです。食品添加物のひとつではあるのですが、最終的に消泡剤の成分が豆腐の中に一切残らないため加工助剤というカテゴリーに分類されています。食品添加物ではなく加工助剤であれば成分表に明記の必要はないのです。食品衛生法にもそのように定義されており、国の検査でも無害と認定されている成分だからです。

豆腐の生産に必要な物質と言えば大豆とにがりであることは良くしられていることです。ただ、この大豆にはサポニンという成分が含まれており、水に浸かると泡立ってしまうものなのです。この泡が残ってしまっては見た目も悪くなるだけではなく、空気に触れる満席が多くなってしまうことにより腐りやすくなってしまいます。でも豆腐と言うものは昔からある食品だから同じようには作れないのか、と思われる方もおられるでしょう。

確かに同じ生産工程であれば泡のない豆腐は作れますが、その生産工程は手作業で泡を除去する等煩雑になり効率も悪くなってしまいます。現実的には難しく高価な豆腐ばかりになっては消費者の立場からも喜ばしい事ではありません。確かに成分が全く無害であれば何の不安もないことです。でも国や法律が無害と認定している成分が使用されていることで、安くて美味しい豆腐を食べることも認識したい事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です