消泡剤は用途に合わせて選ぶことが大切

消泡剤には、シリコーン系と有機系があります。いずれも目的は泡の発生を抑え、発生した泡を消すことです。前者は速攻性があるのが特徴で、混ぜる物がすい星であってもそうでなくても使うことができます。とても汎用性が高くいろんな物に使われており、豆腐の泡を消す目的でも使われています。

後者は水性の発砲液に使われるので、汎用性という点においては優れているとは言えません。その代わり、水性の発砲液に対して効果が長く続くという特徴があるので、こちらを利用した方が良い場面ももちろんあります。消泡剤に種類がたくさんあるのは、それぞれ適した場面があるからにほかなりません。泡と言っても性質は異なり、ある泡を消すのに適した消泡剤でも、別のタイプの泡には向かないこともあります。

そのため、きちんと泡の発生の原理を知っておき、それにはどのタイプがふさわしいのか知ることが大切です。製品を購入する場合は、用途を確かめてどんな泡に向いているか知るだけでも違います。適当に選んでも意味がないので、詳細を確認した上で選ぶようにしましょう。様々な会社が製造していますが、それぞれ製品の特徴を紹介しています。

強みとしているところがわかれば選びやすいので、参考に選んでみましょう。消泡剤自体は扱うサイトを通して購入すると容易に手に入ります。手に入れやすいですが、ネット通販であれば間違って選んでしまう恐れが洗うので確認をしっかり行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です