消泡剤が必要な発泡トラブル

製造中に発泡が発生して生産性を低下させたり、品質を低下させることがあります。泡なんてそんな問題にならないと考えられるかもしれませんが、実際には全く製造が止まってしまうようなことも起こることがあります。そんなときに使われるのが消泡剤です。消泡剤が必要な発生トラブルとして考えられるのが、発酵作業のときの酵素や酵母によるものや豆腐やデンプンの製造工程が挙げられます。

食品に関係するトラブルで品質にも影響します。また容器の洗浄のときにも洗剤の泡が残ってしまうこともその一つです。化学系のトラブルとして石油精製時や合成樹脂、ラテックスの反応、パルプの洗浄、漂白処理などは発泡が多く見られます。繊維業界も染料や漂白剤による物やそれらを洗い流すことで発生することも少なくありません。

特にアルカリ性の溶剤を使うと洗剤と同じように多く気泡が見られます。泡は表面活性剤が均一な表面張力によって維持されることによって、いつまでも残ってしまいます。消泡剤を使うとこの表面張力の均衡を崩して破壊します。このような作用を繰り返しおこなことで液体表面にあるものを消すことが可能です。

液体の中に含まれているものを複数つなぎ合わせて表面への上昇を速める脱気作用も有効です。この他に発生しにくくする効果も合わせることで効率よく処理を行います。いろいろな場面や液体の種類によって対応する消泡剤が違いますので、適切なものを選ばなければいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です