なぜ消泡剤が必要なのか

普段の生活で泡といえば洗剤をイメージする人が多いでしょう。泡立ちが良いことが特徴とされいて汚れを落とすためには必要なものとして考えられています。ただしその後の排水を考えると問題となることがあります。また食事を作っているときにも、多くの泡が見られることがあります。

こちらはあまり多く発生すると、味や見た目が悪くなるものです。このようにトラブルの原因となる発泡を抑える効果が期待できるのが消泡剤です。泡は自然に消えることもありますが、小さな物や粘度の高い液体でできたものは強い表面張力で守られているのでそのままい続けます。この気泡によって製品の中に空洞ができたり、表面に残って見た目が悪くなっていまいます。

また排水については配管を詰まらせたり、損傷させる原因の一つです。それを防ぐために消泡剤を使って効率的に破壊していくことが重要です。豆腐や豆乳などをつくるときには江戸時代から使われていたという歴史があり、最近ではシリコーンタイプが広く使われています。消泡剤を使うときには量やタイプを選ぶことになりますが、基本的な作用は同じです。

表面に出ている泡を破壊してなくします。表面にないものは複数を合わせて大きくして上昇させ、表面で破壊することが可能です。また発生自体を抑える抑制作用も合わせて、全体数を減らしていきます。このように製品の品質の維持や排水の効率的な処理などには消泡剤を使うことで効率化することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です