消泡剤を使うときの流れ

発泡のトラブルを解決するために使われるのが消泡剤です。使用することで液体に発生する泡を消すことができます。時間をかければいつかはなくなることから、不要だと考える人がいますが、品質の低下や処理時間の問題を解決するためには欠かせません。使うことによって短時間で処理することができるので、効率化が期待できます。

消泡剤には固形タイプやオイルタイプ、エマルジョンタイプなどがあります。これは保存のしやすさや効果を高める目的で分かれています。利用する液体や環境などを考慮して選びましょう。どのタイプを選んでも基本的には液体に入れてしばらく時間をおくことになります。

固形タイプについては、入れてから撹拌しないと全体に行き渡らないため注意が必要です。特に水分が多くないと溶けにくく効果が期待できないかもしれません。粘度の高い液体は液体を利用するようにしましょう。液状の消泡剤も入れてから撹拌する必要がありますが、固形タイプよりも速く全体に行き渡ります。

少量でも効果があるものもあるので、排水基準などがあるようなときには便利です。オイルタイプも撹拌の仕方によって均一になりにくいことがありますが、溶ける必要がないので固形タイプよりも簡単に使うことができます。このように入れてから十分に液体全体に混ぜることが消泡剤を使うときには重要な要因になります。また、できるだけ早い段階で入れることも処理を速くするためには重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です