消泡剤の種類による違い

消泡剤を使うことで発泡のトラブルを短時間で解消することが可能です。時間をかければ消えていく泡ですが、それを待つことで生産性が低下することになってしまいます。それでは管理された状態で製造することができず、効率的ではありません。消泡剤にはいろいろな種類があります。

例えばオイルタイプで鉱物油などの油分によっててきているものです。水系の液体に高い効果が期待できて、即効性があるため多くの業界で利用されます。ただし効果が長く持続できないことや環境への影響がデメリットとして考えられます。界面活性剤タイプも油性ですが石鹸などと同じアルカリ性の素材でできています。

泡立ちが起きてしまうように思えますが、種類が違うのでしっかりと消泡剤としての効果が期待できます。保存が容易で長期間保管できるので好まれますが、使い方を間違えると泡立つ恐れがあり、容量をしっかりと理解してから使わなければいけません。エマルジョンタイプは成分を水と合わせて乳化したものです。水に溶けているため親水性が高く、拡散性が高いことがメリットと言えます。

即効性もあるので使いやすい印象がありますが、長期保管が難しいというデメリットがあります。あまり長い間置いておくと水と分離して乳化がなくなり分離していしまいます。これでは消泡剤として使えないため、意味がありません。変質を抑えるために冷暗所で保管する必要があり、使う分だけ用意しておくような管理が必要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です