暮らしに身近な消泡剤

消泡剤と聞くと人工的で工業的なイメージがあるかも知れません。しかし、実際には私たちの暮らしに必要不可欠で、身近なところでも使われています。実際に多くの人が消泡剤のメリットを受けているのです。とても身近で暮らしに溶け込んでいる存在です。

では、具体的にはどんな場面で使われているのでしょうか。まず食品があります。製造過程でどうしても泡がでてきてしまう食品成分が有ります。これをこまめに手で取り除いていては手間と時間がかかり、生産性が落ちてしまいます。

そこで使われているのが消泡剤です。適宜使うことで泡を抑制して、作業を効率化しますし、食品の見た目や食感もアップすることができます。食品に使われるだけあって、人間の体にはなんら害はないのも魅力です。ですから、決して危険なものではなく、昔から使われてきた安全なものです。

他にも薬としても活用されています。胃の膨満感やハリで困ったときに胃薬を飲むことがあるかと思います。このときに胃にたまっている空気を消す作用をするのも消泡剤です。胃薬の成分の1つとして配合されていて、胃の不快な空気、すなわち泡を壊す働きをします。

薬にもなるくらいですから、やはり危険なものではありません。子のように知らず知らずのうちに利用している、生活に密着しているのが消泡剤です。食品添加物の1つに指定されているくらいですから、意外とお世話になっている人も多いです。使い道が広いのも特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です