消泡剤には種類があります

消泡剤には種類があり、オイルタイプは鉱物油などに消泡成分を分散させた製品です。表面の泡を速やかに破泡させたい場合におすすめで、熱にも強く高温での使用に耐えられます。安価で即効性があり、油性がかなり強いため強力に除去したい時に向いています。油浮きすることがあるので、排水などの注意が必要です。

活性剤タイプは界面活性剤の一種で、通常洗剤など親水性が高く発泡性になりますが、このタイプは疎水性が高く油性になります。水に入れると一定の温度以上で白濁分散するようになっており、自己乳化型消泡剤と言われています。この時の温度を曇点と呼んでいて、有効成分は90~100%と高く少量添加によって、高い消泡効果を発揮することが可能です。安定性に優れており、長期保存に向いています。

高価なものになり、添加量の管理が必要です。被消泡液の温度は曇点以下の場合、添加することによって発泡を助長するケースがあるので注意が必要です。エマルションタイプの場合、消泡剤成分である高級アルコールやエステルなどを、水に乳化分散させたものです。機能を発現させるため、消泡剤成分を水中に乳化分散させているので、オイルインウォータータイプとも呼ばれています。

被消泡液の分散性に対して優れており、系内への影響も少ないでしょう。脱気性に優れていますが、貯蔵条件には制約があります。長期保存による増粘固化や、分離によって消泡性能が損なわれるケースがあるので注意が必要です。品質劣化を防ぐため、直射日光の当たらないような保管が求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です