様々なところで使われている消泡剤

液体に泡が出来るのを防ぐための添加物である消泡剤は、様々な製品を作る際に使用されています。一般の人にとって身近なものの一例には、食品や化粧品を作る際に使われているものが挙げられるでしょう。中でも豆腐に使われているものは有名で、古くから植物油から作られたものが使われてきています。消泡剤には様々な種類のものがありますが、現代で多く利用されているのはシリコーンオイルをもとにしているものです。

泡を消す効果が高い一方で、毒性がないため食品から化粧品、日用品などを作る際に使われています。なぜ消泡剤を使わなくてはならないのか、という疑問を持つ人もいるかも知れません。食品をはじめとした製品を作る際に泡を消すための添加物が必要とされる理由としてよくあるものには、まず泡が出来てしまうと製品の質が劣化するということが挙げられます。さらに泡によって作業の能率が低下したり、完成品の量が減ってしまったりする場合にも泡を消すための添加物が必要です。

温度や圧力などにより消泡剤を使わずに泡を消す方法が使えることもありますが、それらの方法では時間や手間がかかってしまい効率がよくありません。コストがかかることも考えられます。そのような場合に役立つのが消泡剤で、使わずに泡を取り除く場合と比較するとより素早く手間をかけずに簡単に泡を消すことができるようになります。そのようなことから、現代では様々な製品の製造過程で泡を消すための添加物が求められているのです。

消泡剤のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です