誰を対象としているのかを理解してSEO対策をしよう

SEO対策で最もやってはいけない間違いの1つに、ターゲット層があります。元々、SEO対策はサイトの宣伝活動とは異なったものです。SEO対策を始めて実践しようとする人の中には、この対策を単なる宣伝行為であると勘違いをして手法を構築していく人もいます。この場合、その宣伝の対象はユーザーであることが大半であり。

ユーザーに評価してもらうための準備をしていくことになります。しかし、この考え方はよくありません。そもそも、SEO対策はユーザーではなく検索エンジンに向けて情報を発信しなくてはいけないからです。例えば、ユーザーから評価されるものであっても検索エンジンからは好まれないことをやっていると、検索エンジンの掲載順位は大きく伸びません。

これは、サイト内部に存在する商品やサービスを広告で宣伝することとは異なるからです。現実的にも、商品やサービスを充実させていたとしても、実際にそれを閲覧してくれるユーザーがいないと存在する意味がありません。商品やサービスを販売するためには、まずユーザーがそれを見られるだけの環境を作らなくてはいけません。ユーザーを誘致することを第一に考えておかないと、売上を伸ばすことはできないからです。

SEO対策は、こういったユーザーを集めるために必須となる手段です。検索エンジンを最適化し、検索窓から自分の運営するサイトにやって来やすい環境をまずは作ることから始めます。そうすることで、より良いコンテンツも作っていけます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です