お中元にはさまざまなマナーがあります

日頃からお世話になっている人に、夏の時期の感謝の気持ちをこめて贈るのがお中元ですが、さまざまなマナーがありますので気をつけて欲しいです。本来は中国の習慣で、夏の定められた期間に先祖を供養する日がどんどん変化してきて、お盆のころに恩人やお世話になる人に贈り物をする習慣が根付いています。贈る時期は住んでいる地域によっては少しばかり違いがあり、東北や関東では7月の中旬位に贈るのが一般的ですが、中には7月中旬からお盆までにお中元を贈る地域や九州などでは8月になってから贈るなどまちまちです。どれぐらいの金額の品物を選ぶのかは贈る人との関係性によって変わってきます。

親や親戚のひとなら3千円から5千円ぐらいが一般的ですが、仕事関係などでお世話になっている人には5千円から1万円程度です。お中元には必ず品物を包むときに使われるのし紙が必要で選ぶ際には注意が必要になります。海産物のような生ものを送る際には必要がなく、運送会社で送る際には破れることを防ぐために内のしが使われますが、自宅に訪問をして手渡しをする場合には外のしにするのがマナーになっています。お中元をもらったほうにもマナーがあり、まずはすぐに相手に届きましたという報告と感謝の気持ちをこめて連絡をすることが大切です。

お中元は一般的には、目下の人から目上の人に贈られるのが通常ですから、わざわざお返しをする必要はありませんが、もし相手が対等の立場の人ならお礼状を同封してお返しをする場合もあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です