お中元をいただいたらお返しをしたほうがよいのか

お中元は感謝の気持ちを込めて贈るものであり、お世話になった人に対して7月15日を目安として贈ることが多いです。毎年のやり取りと考えている場合は、お互いに贈りあうので良いのですが、昨年に贈ってもらっていない場合、お返しをしたほうが良いのか悩むことがあります。品物が届いたら近しい人の場合はすぐに電話をしますが、さほど近しい場合でない時はお礼状を書き、感謝の気持ちを伝えます。この時お礼状だけで十分なのですが、品物をお贈りしたい場合はお礼状をまずお送りし、タイミングを少しずらすようにします。

あて名書きは立秋の頃であれば暑中見舞いでも良いですが、立秋を過ぎたら残暑見舞いとしてお送りします。なお、お中元のお返しはいただいた品物と同額程度が基本となっており、相手よりも多くならないように配慮しなくてはなりません。これは2倍程度のものを贈ってしまうとお中元を断られているととらえられるためです。もしお中元を贈りあうことが相手にとって経済的な負担をかけてしまい、申し訳ないと感じた場合は逆に2倍程度の金額のものを贈り、どうかお気遣いなされませんようなどの言葉を添えるようにします。

お礼状に関しては、基本的には手紙で伝えますが、もしはがきで出す場合は、一言はがきで失礼いたしますなどの言葉を必ず添えるようにしてください。さらにお礼状はできるだけ早くに出すことが望ましく、品物が届いてから3日以内を目安に出すようにします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です