大切なお中元のマナー

日頃お世話になった人への感謝の気持ちとして贈るお中元は、時期が地域によって異なります。多くの地域では夏に贈るのが定番ですが、夏以外に贈る風習がある地域もあるのでお中元を贈る際は注意しましょう。品物を選ぶ際は、あまり高すぎない物を選ぶようにしてあらかじめどれくらいの金額の物を贈るのがふさわしいのかを把握しておくことをおすすめします。人気のある贈り物として挙げられるのが、そうめんやそばなどの食品です。

ほかにも、ゼリーなど夏に適した食べ物は多くの人から選ばれており、子供がいる家庭へ贈る際にも良いでしょう。贈り物をする場合は、相手の家族や好みなどを考えて贈るのもマナーとして大切なことです。一人で暮らしている相手に贈る際は、日持ちがするものや量が多すぎない物を避けて選ぶようにすると喜ばれます。お中元は夏の風物詩と言われているものであり、暑中見舞いとの違いを理解していないと贈る人へ失礼になる場合があるので、暑中見舞いの意味を確認する必要があります。

暑中見舞いは、気温が高くなる日が多いため相手の身体をいたわる意味を持ち、お中元は、相手へ感謝する気持ちを伝えるためにあります。そのほか、お歳暮との違いについても知っておくと便利です。お歳暮は、お中元と同じようにお世話になった人への感謝の気持ちを贈るのは同じですが時期が異なり、一年間の気持ちを込めて贈るので一般的にお歳暮の方が相場が高くなるのが特徴です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です