お中元の品物で注意するポイント

日頃の感謝の気持ちや今後の付き合いをお願いする気持ちを込めて、夏に贈るのがお中元であり、基本的には目上の人に贈ることになります。何を贈ったら良いかで頭を悩ませてしまいがちであり、悩んだ際に頭に浮かぶのは商品券やギフトチケットではないでしょうか。受け取った相手が好きなものを選べるという点がメリットですが、目上の人に対して金額がはっきりとわかる商品券やギフトチケットを贈ることはマナー違反となるケースも多いので気をつけましょう。受け取る相手の考え方による違いもあるので、マナーやしきたりを大切にしているタイプか見極めることも必須となってきます。

現金ほど生々しくないことから人気の贈り物となっていることは確かですが、現金同様に金額がはっきりと目に見えてわかるものとなるので、失礼のない金額かということにも注目しておかなくてはなりません。お中元の相場は三千円から五千円であり、贈る際には、相手が恐縮しない金額にしておくべきです。現金と同じように包んだり、正規店でならばラッピングをして送ってもらうことができるのでマナーに気をつけて送りましょう。基本的には品物を選び相手が喜んでくれそうなものを贈ることがお中元のマナーと言えますが、あまり日頃から関わり合いがないなど何を贈れば良いかわからないケースもあります。

その際にありがた迷惑にならない品物として、商品券やギフトチケットも候補の一つとし頭に置いておくようにしましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です