お中元を郵送する時のマナー

お中元の時期が近づくと品物選びや金額など、悩む点が多くなりますが基本的なマナーとして、贈り方に気をつけるようにしておく必要があります。本来は直接会って感謝の気持ちを伝え、手渡しするべきですが、近年では郵送が一般的になりつつあります。遠方の人に対して郵送するのは勿論のこと、近場に住んでいる相手に対しても郵送を選ぶ人が増えており、郵送することにより相手と都合を合わせる必要がなくなることや、気を遣わせなくて済むといったメリットが多いです。デパートなどで選んだ際にも、宅配を選ぶことができたり、近年では通販で購入して直接相手のもとに届けてもらう方法もあり、手間もかからず便利です。

郵送にする時には、お中元が届くまでに送り状が届くようにしておき、何時頃お中元が届くのか知らせることも大切です。親しい間柄の場合には、電話やメールで伝えても問題はない時代と言えますが、相手の考え方に合わせるようにしておきましょう。手紙を添えたり熨斗をつけるなど、基本的なマナーと気遣いを忘れないことがポイントとなってきます。郵送する前には相手の在宅時間を確認しておき、確実に受け取ってもらえる日時に届くようにすることも大切な配慮と言えます。

相手の手元に届くのがお中元のタイミングになるように合わせることが大切であり、何らかの理由から遅れてしまいそうな時には暑中見舞いや残暑見舞いとして贈れば、マナー違反になってしまう心配もありません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です